LINEのメッセージ送信取り消し方法を紹介!できない原因とは?
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

LINEアプリにある「送信取り消し」機能は、相手に送ったメッセージをなかったことにできる機能です。

間違って送ってしまったメッセージや、うっかり送ってしまった気まずいメッセージなども簡単に消せる便利な機能です。

しかし、場合によっては「送信を取り消したくてもできない」というケースもあります。

今回、この記事ではLINEのメッセージの取り消し方法とメッセージが取り消せないときの原因について紹介します。

ぜひ参考にしてください!!

この記事はこんな方におすすめです!
  • LINEアプリを利用している方
  • 送信したメッセージを消したい方
  • 送信したメッセージが消せなくて困っている方

スポンサー広告



LINEのメッセージを取り消す手順

  1. 取り消したいメッセージを長押しする
  2. 送信取消をタップ
  3. 確認画面が出てくるので、もう一度送信取消をタップ
  4. これで送信したメッセージの取消は完了です。

このようにLINEのメッセージは簡単に「送信取消」をすることができます。

LINEのメッセージを取り消す方法を動画で見たいという方はこちらの動画で詳しく紹介しています。
こちらもよかったら参考にしてください。

LINEの「送信取り消し機能」とは?

LINEの「送信取り消し機能」とは、メッセージ内で一度相手に送ったメッセージをお互いのトークルームから削除する機能です。

この機能は一対一のトーク、グループトークどちらでも使える機能です。

取り消せるのは、通常のテキストメッセージのほか、スタンプや絵文字、画像(写真)、動画など消すことができます。

【送信取り消し可能な対象】

  • メッセージ
  • スタンプ
  • 画像・動画
  • ボイスメッセージ
  • LINE MUSIC
  • 連絡先
  • 位置情報
  • 通話履歴
  • URL
  • ファイル

ここからは、スマホの画面を表示してLINEで送信したメッセージの送信を取り消す方法を紹介します。

送信したメッセージを取り消す方法

LINEアプリのトーク画面で消したいメッセージを長押ししすると、さまざまな設定ができる画面が表示されます。

その中にある「送信取消」をタップします。

もう一度、「送信取消」をタップすればメッセージの取消は完了です。

「送信取消」方法は、一対一のトーク、グループトークどちらも送信取消方法は同じです。

このように一度送信したメッセージや画像を簡単に削除することができるんです!

LINEメッセージの送信取消ができない原因を紹介します

それでは続いては、LINEのメッセージが送信取消できないときに考えられる原因を紹介します。

なぜが取り消しができないという方は参考にしてください!!

メッセージを送信してから24時間が過ぎている

送信したメッセージの送信取消ができるのは、送信してから24時間の間と決まっています。

24時間以上経ったメッセージの取消を試してみると、メニューに送信取消が表示されず選択できなくなってしまいます。

つまり、メッセージをなかったことにしたくても、送ってから1日以上が経ってしまったら相手のトーク画面には残り続けたままになります。

この点は注意してください。

公式アカウントへのメッセージは送信取消することができない

LINEアプリには、さまざまな企業の公式アカウントがありますよね。

公式アカウントに対して送ってしまった場合には、24時間以内だったとしても送信を取り消すことはできません。

公式アカウントのトークには、送信取消の機能が備わっていないので注意してください。

アルバムやノートのサムネイルは送信取消できない

アルバムやノートを作成した際には、トーク画面にサムネイルが自動的に投稿されます。

このサムネイルに関しては送信取消の対象外となっています。

アルバム機能自体から追加した写真は消去することができますが、その場合でもサムナイルに写っている画像が消えるわけではありません。

送信相手のLINEアプリのバージョンが古い

相手が利用しているLINEアプリのバージョンがあまりに古いと、送信側(自分)のLINEアプリのバージョンに関わらず24時間が経過していないメッセージでも送信の取消ができません。

自分のLINEトーク画面では送信取消できているように見えても、相手のトーク画面からメッセージが消えていない場合があるということです。

取り消しができない場合はLINEアプリが最新の状態かどうかを確認してみてください。

iPhoneやAndroidスマホにインストールしているアプリを最新の状態にする、アップデートする方法はこちらをご覧ください↓↓

【初心者用】iPhoneのアプリをアップデートする方法!できない原因とは?

【Androidスマホ】アプリをアップデートする方法!詳しいやり方を解説

LINEの不具合や通信環境が不安定な場合

LINEのメッセージの送信取消ができない原因に一つにLINEアプリの不具合である可能性もあります。

LINE公式からそのような案内が報告されていないか公式ホームページやSNSなどで確認することをおすすめします。

また、通信環境が不安定だと一時的に送信取消ができない場合もあります。

LINEアプリの再起動や、Wi-Fiの通信環境が不安定ではないかを確認してみましょう!

LINEアプリの「送信取消」と「消去」の違いは?

送信取消の横に削除とも表示されます。

LINEアプリ上の「送信取消」と「消去」は画像やメッセージを消すことができる点においては同様ですが、この「送信取消」と「消去」は以下のような違いがあります。

「消去」は相手側の送信内容を消すことができない

消去ではメッセージを消去した場合、送信側(自分)のトーク画面から消えますが相手側のLINEに届いているメッセージはそのまま残る形になります。

つまり相手のトーク画面の変更がないということですね。

「送信取消」はお互いのトークから送信内容を消すことができる

送信取消は、取消を行った時点で、送信側(自分)・受け取り側(相手)のトーク画面から該当のメッセージをリアルタイムで消すことができ、画面上に送信取消をしたメッセージが残る心配もありません。

相手も自分もトーク画面には表示されなくなるということです。

送信取消を行なった場合、相手側にはどのように表示される?

LINEのメッセージの送信取消をすると、相手側にはどのように表示されるのか気になりますよね?

LINEではメッセージのを送信取消にした場合に「○○がメッセージの送信を取消ました」などの通知がトーク画面上に表示されます。

自分が送ったメッセージを相手が既読する前に消したメッセージでも、メッセージの送信を取り消したことは相手の方に知られてしまいます。

既読になったメッセージを「送信取消」することもできます

LINEではトーク相手がこちらのメッセージを読むよりも先にトーク画面から消すことは可能ですが、すでに読まれていて既読状態のメッセージも消すことができます。

しかし、その場合でも、「○○がメッセージの送信を取り消しました」と表示されます。
送信取消可能なメッセージは「24時間以内」の内容のみが対象となっていますので、24時間以上経過した既存トークは消すことができないので注意してください。

自分が取り消したメッセージを復元できるのか?

LINEでは送信したメッセージを復元したいと思っても、一度消去・取り消しをしてしまったメッセージは復元することはできません

ただ、送信取消をする前に該当メッセージを含むトーク履歴を、LINEのkeepやスマホ内に保存しておけばメッセージは残すことができます。

 

まとめ

今回は、LINEのメッセージ送信の取消方法と取消できない原因について紹介しました。

LINEのメッセージを取り消す手順は以下の通りです。

  1. 取り消したいメッセージを長押しする
  2. 送信取消をタップ
  3. 確認画面が出てくるので、もう一度送信取消をタップ
  4. これで送信したメッセージの取消は完了です。

このようにLINEアプリではメッセージを簡単に取り消すことができます。

間違えた送ってしまったという場合でも24時間以内のメッセージであれば送信取消をすることもできるのでこの機能を活用してみてください!

また、このサイトではスマホの基本的な使い方からさまざまなアプリの便利機能についても紹介しています。

よかったらそちらも参考にしてください!


最後までご覧いただきありがとうございました。


以上「LINEのメッセージ送信取り消し方法を紹介!できない原因とは?」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら