Apple musicファミリー・家族プランがお得?料金や内容を比較して紹介
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は10,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

最近では、音楽をサブスクリクションを利用して楽しむ方が多いと思います。
いくつもある音楽配信サービスの中でも人気のサービズが「Apple Music」です。

Apple Musicでは、個人で登録できるのはもちろんファミリープランで登録することもできるんです!
今回この記事ではApple Musicのファミリープランはどのくらいお得に利用できるのかや料金やプラン内容を個人プランと比較して紹介します。

Apple Musicを家族でお得に利用したいという方は、ぜひ参考にしてください!

この記事はこんな方におすすめです!
  • Apple Musicを利用している方
  • Apple Musicをお得に利用したい方
  • ファミリープランはどれくらいお得なのか知りたい方

スポンサー広告



Apple Musicファミリープランの違い!ファミリープランはお得

Apple MusicはAppleが提供している音楽配信サービスです。
Appleミュージックでは、個人プランとファミリープランがあります。

個人プランの場合

・月額料 980円
・フル再生 ○
・シャッフル再生 ○
・楽曲選択 ○
・広告非表示 ○
・テレビ番組 ○
・利用可能人数 1人

ファミリープランの場合

・月額料 1,480円
・フル再生 ○
・シャッフル再生 ○
・楽曲選択 ○
・広告非表示 ○
・テレビ番組 ○
・利用可能人数 6人

個人プランとファミリープランでは月額料金以外は全ての機能が同じように利用できます。
個人プランとファミリープランで大きく違う点といえば、「月額料金」です。

個人プランの場合であれば月額料金980円ですが、ファミリープランになると家族全体(最大6人まで)で月々1,480円となっています。

ファミリープランは1,480円で最大で6人まで利用できるので6人家族であれば、1人が月額247円で利用できるということですね。
人数によって個人プランよりもお得になります!

 

Apple Musicの利用人数 月額料金(一人あたり)
2人 740円
3人 493円
4人 370円
5人 296円
6人(最大) 247円

Apple Musicファミリープランについて詳しく紹介

ここからは、ファミリープランについて詳しく紹介していきます。

最大6人まで共有ができる

ファミリープランの最大の特徴は、しつこいようですが最大6人まで共有できるということです。
2人以上の共有で個人プランよりお得に使えるということになります。

1人ひとりに別のアカウントが発行されるので、自分以外の家族と曲やライブラリが一緒になることはありません。

料金の支払いは管理者が一括で支払う

料金の支払いは、ファミリー共有の管理者が一括で支払うことになります。

それぞれのメンバーが頭割りして支払う必要はありません。

Apple Musicの支払い方法は以下の3通りです。

  • クレジットカード決済
  • キャリア決済
  • iTunesカード決済

個人プランからの変更も可能

今現在、個人プランで登録しているという方でも月の途中でプランを変更した場合、契約の残り期間を日割りして計算して返金されます。
これは、月払・年払いのどちらでも同様です。

年払いを選択されている方は、支払い済み料金9,800円が日割り計算されて、「使った日数分+ファミリープランの初月分1,480円」が返金されるということですね。

Apple Musicファミリープランの登録方法や追加方法

次に紹介するのは

  • Apple Musicのファミリープランへの登録方法
  • 個人プランからファミリープランへの変更方法
  • ファミリープランにメンバーを追加する方法

についてそれぞれ紹介していきます!

Apple Musicのファミリープランへの登録方法

Apple Musicを初めて利用するという方には、初めの1カ月間料金が無料で使える無料トライアルが利用できます。

それではここからは実際にApple Musicの無料トライアルに登録するやり方・方法について紹介していきます!

まずこちらの画像をタップしてください↓↓
Try Apple Music

タップをするとこちらの画面が表示されます。

こちらの画面で「ファミリー」を選択してください。
あとはあなたのApple IDなどを入力するだけで登録は完了になります。

登録方法自体はすごく簡単で、このように登録をするだけで簡単にApple Musicを使うことができます。

Apple Musicの登録方法については、こちらので詳しく紹介しています↓↓
AppleMusicを無料で使う方法!トライアル登録のやり方・6ヶ月タダになる条件とは?

Apple Musicファミリー共有方法

ファミリープランを共有するためには、Appleのファミリー共有機能を使ってグループを作成する必要があります。
その操作ができるのは管理者は1名だけで家族の中の成人に限られます。

ファミリー共有のメンバー追加方法は以下の通りです。

設定アプリから「アカウント(名前)」をタップします。

ファミリー共有をタップと選択します。
「ファミリーメンバーを追加」をタップし追加したい家族(メンバー)を検索します。

検索ができたら招待を送ります。
iMessageから追加したいメンバーに招待を送信します。

家族や友人がその場にいる場合は「直接会って登録を依頼」を選択すれば、管理者のスマホからApple IDとパスワードを入力してもらうだけで追加できます。

その場にいない場合は、招待した相手が届いたメッセージをタップし、案内に従って登録すればファミリー共有のメンバー追加は完了です。

個人プランからファミリープランへの変更方法

Apple Musicのアプリを開き、右上にある人型のアイコンをタップします。

ファミリープランへのアップグレードをタップしします。
その後Face IDやパスワードを入力するとプランの切り替えは完了です。

Apple Musicファミリープランのメリット・デメリット

Apple Musicのファミリープランは、一人当たりの月額料金がお得になると紹介しました。
メリットがあるということは、デメリットもあるわけで。。

その他にもメリットがいくつかあるのでメリット・デメリット合わせて紹介していきます。

Apple Musicファミリープランのメリット

1つ目のメリットは、やはり2人以上の家族で使うと、月額料金が安く抑えられるという点です。

前述した通り、最大6人まで使えて2人以上の家族であれば個人プランよりも安く利用できます。
2人以上のご家族の場合は、ぜひファミリープランに変更することをおすすめします!

2つ目のメリットは、Apple Music内にない音楽でもiTunesで購入すればメンバーで共有できるという点です。
Apple Musicには9,000万曲以上もの楽曲が登録されていますが、その中にもない曲もあります。

もしApple MusicになければiTunesで楽曲を単品購入し、メンバー内で共有することができるということですね。

Apple Musicファミリープランデメリット

1つ目のデメリットは、位置情報が管理者に分かってしまうということです。
共有しているメンバーの位置情報は、オンの状態となって管理者に届くようになっています。

そのため、今どこにいるかが分かってしまうというデメリットがあります。
2つ目のデメリットは、iTunesなどで購入した有料コンテンツの請求もまとめて管理者のところにいってしまうということです。

共有できるというメリットもありますが、それがデメリットになってしまう場合もありますので注意しましょう。

まとめ

今回は、Apple Musicファミリー・家族プランがお得?料金や内容を比較して紹介しました。

Apple Musicはファミリープランで登録すると、家族の人数が多ければ多いほど(最大6人まで)お得です。

個人プランで登録しているという方でも簡単にファミリープランに変更することができるので家族の中で個々に登録しているという方は、お得になるのでぜひ参考にしてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。
以上「Apple Musicファミリー・家族プランがお得?料金や内容を比較して紹介」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は10,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら