スマホを安く買うおすすめの方法まとめ!中古の方がお得?
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は10,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

「スマホを安く手に入れたい!」

「キャリア以外でスマホを購入しても大丈夫?」

多くの人が、au、Softbank、dokomoなどのキャリア(携帯電話のサービスを提供する通信会社)でスマホを購入しています。

しかし、中にはスマホを買い替えるときに「スマホの機種代が高い…」と感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、スマホを安く手に入れるおすすめの方法を紹介します!

スマホを買い替えたいと思っている人や、費用を抑えてスマホを購入したい人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事はこんな方におすすめです!
  • スマホの機種変更を考えている人
  • 安くスマホを手に入れたい人
  • キャリア以外でのスマホの購入を検討している人

スポンサー広告



スマホを安く買うおすすめの方法3選

スマホを安く買うおすすめの方法を3つピックアップしてみました。

一番おすすめなのは「中古スマホ」ですが、そのほかの方法も紹介しているので、自分に合った購入方法を選んでくださいね。

①中古スマホを買う

安さを重視するなら、中古スマホを買うのがおすすめです!

中古スマホとは、名前と通り「スマホの中古品」。

十店舗の中古スマホショップやオークション、そのほかネットサービスにて購入できます。

「中古品はちゃんと動作するか不安…」という人もいると思いますが、きちんと信頼できる販売元を選べば、問題ありません。

中古スマホ自体の状態や、きちんと動作するか、といったことをしっかりと明記しているショップもあります。

不安な場合は、中古スマホの中でもやや高めの「美品」「新個品」を選ぶといいでしょう。

②型落ちモデルを買う

au、Softbank、dokomoなどのキャリアで安くスマホを購入したい場合は、お得な割引キャンペーンを利用するほか、「型落ちモデル」を購入するという方法もあります。

型落ちモデルは、現行機種よりも安い価格で購入できる古い機種のことです。

新しい機種は値段が高めですが、型落ちモデルならキャリアでも安く手に入ります。

数年前~半年前あたりに発売された機種なら、型落ちモデルと言えど機能や性能は新しい機種とほとんど変わらない場合があります。

中古スマホに抵抗がある人はにはおすすめかもしれません。

③メーカーで直接買う

Appleをはじめとするスマホメーカーでは、キャリアよりも安くスマホを売っている場合があります。

たとえば、Appleで直接「iPhone13」を買った場合の値段は以下の通りです。

Apple Store

docomo au Softbank
98800 111672 115020

115920

上記のように、Appleでは数万円程度安く購入できます。

ただ、キャリアと比べて補償が充実していない、もしくは補償ザービスの料金が高いといったデメリットも…。

故障や紛失などに手厚いサポートを受けたい場合は、モバイル保険に加入するのがおすすめです。

モバイル保険ってお得?スマホキャリア補償との違いを比較!デメリットや口コミも紹介!

安さにこだわるなら中古!中古スマホのメリット

「とにかく安くスマホを買いたい!」という人は、中古スマホがおすすめです。

なぜ、中古スマホがおすすめなのか…その理由となるメリットを解説します。

①種類が豊富

キャリアの場合、限られた機種しか販売していないことがほとんどです。

しかし、中古スマホサービスなら、最新の機種から古いモデルまで、幅広い種類のスマホを用意しています。

iPhoneだけでなく、「OPPO」「HUAWEI」「Galaxy」など、さまざまなAndroidもそろっています。

選択肢が多いので、より自分に合った機種が選べるでしょう。

②格安SIMとの相性が抜群

格安SIMは、大手のキャリアと比較して毎月の利用料金が安い通信サービスです。

最近は安く本体を入手できる「SIMフリースマートフォン」も販売されていますよね。

格安SIMプランは、基本的に機種は自分で選べるので、中古スマホとの相性は抜群!

格安SIMに、格安の中古スマホをかけ合わせれば、初期コストもランニングコストも抑えられます。

③保証が手厚い中古スマホサービスもある

中古スマホサービスの中には、破損や故障なども際の「保証」が充実しているところがあります。

スマホに万が一のことがあった場合に、交換・返金を無料で保証しているサービスもあれば、スマホ修理サービス事業者と提携しているサービスもあります。

購入後も安心して中古スマホを使いたいなら、保証がしっかりとしているサービスを選びましょう。

こんな部分に注意!中古スマホのデメリット

中古スマホは安く手に入るというメリットがありますが、一方でデメリットもあります。

ここでは、中古スマホを選ぶうえで気を付けてほしいポイントを解説します。

①バッテリーの劣化が気になる商品がある

新古品ではなく、使用済みの中古スマホの場合、バッテリーが劣化している可能性があります。

「電池の減りが早い」「一日に何回も充電しないといけない」といったケースもあるようです。

もちろん、中古スマホサービスではスマホのスペックやバッテリー残量を明記しているところが多いので、購入前にしっかりとバッテリーの状態を確認しておきましょう。

②機種によっては保証の対象外である可能性も

中古スマホサービスの中には、保証が充実しているところもありますが、機種によっては保証の対象外となるケースがあります。

たとえば、一部のサービスでは「格安SIMが保証対象外」となっています。

自分が購入しようとしている中古スマホが保証の対象なのか、そうでないのか、といった点は事前に調べた方が無難です。

安く買える!おすすめの中古スマホサービス3選

おすすめの中古スマホサービス3つ紹介します。

種類が多く、保証がしっかりとしているサービスばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

また安いiPhoneの購入を検討されている方は、こちらの記事でも詳しく紹介していますのでよかったら参考にしてください↓↓
中古のiPhoneを買うならどこがおすすめ?おすすめサービス5選を紹介します!

①ダイワンテレコム

「ダイワンテレコム」は中古スマホ・中古携帯・白ロムを販売しているサービスです。

  • iPhone13 Pro
  • iPhone13 Pro Max
  • iPhone13 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max
  • iPhone12 mini

上記のような新しいiPhoneから、「Xperia」「Galaxy」「AQUOS」をはじめとするAndroidまで、幅広い機種を取り扱っています。

SIMフリーの機種が多く、即日発送も可能。保証期間は3カ月程度です。

スマホの状態は「Sランク」「Aランク」「Bランク」「Cランク」といったように、ランク付けされているのも分かりやすくていいですね。



②にこスマ

「にこスマ」は、伊藤忠商事の100%グループ会社が運営しているサービスで、「高品質・低価格」「厳選な検査」「丁寧なサポート」を心がけています。

iPhone、iPad、Android、タブレットなどを販売。

ディズニーキャラクターをモチーフとした「Disney Mobile」や、お年寄り向けの「らくらくスマートフォン」なども用意しています。

1年間の無料返品交換保証のほか、毎月ワンコインの500円であらゆるトラブルをサポートする「にこスマあんしん保険」も提供しているので、万が一のときも安心です。

また、スマホ修理サービス事業者iCracked Japanと業務提携しているので、にこスマで購入した端末はiCracked店舗でバッテリーを交換できます。



③ハピネスネット

「ハペネスネット」は、累計販売数1万5000台を誇る、中古のiPhone通販サービスです。

「SS」「S」「A」「B」「C」「J」のランク分けを行なっており、スマホの状態がすぐに把握できます。

ハペネスネットの最大の特徴は何といっても安心・安全の保証!

画面割れや自然故障などの際に、無料で交換・返金してくれる「1年保証」、21項目の品質チェックを施した「品質保証」などを提案しています。

送料や手数料なども無料、当日発送も行っています。



今回は、スマホを安く買うおすすめの方法を紹介しました。

  • 中古スマホを買う
  • 型落ちモデルを買う
  • メーカーで直接買う

どの方法もおすすめですが、安さにこだわるなら中古スマホを買うのがおすすめです。

中古スマホなら、種類が豊富で、新品の修理代よりも安く手に入ることがあります。

今回紹介した中古スマホサービスをぜひ利用して、安くスマホを手に入れてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

以上「スマホを安く買うおすすめの方法まとめ!中古の方がお得?」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は10,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら