iPhoneのAppライブラリとは?使い方や設定方法を解説!
The following two tabs change content below.

スマホとアプリの教科書

iPhoneを使っているけど、アプリが増えてしまってホーム画面がゴチャゴチャして見にくい。。
アプリを整理したい。。

など思う方も多いと思います。

iPhoneには、ホーム画面をすっきりと整理できる機能があるんです。

それは、「Appライブラリ」という機能です。
iPhoneを使用しているけど知らない。。という方も多いのではないでしょうか。

今回この記事ではAppライブラリとはどのような機能なのか、Appライブラリの使い方について解説していきます!
アプリをたくさん持っているという方におすすめの機能なのでぜひ、参考にしてください。

この記事はこんな方におすすめです!
  • iPhoneを利用している方
  • アプリを整理したい方
  • ホーム画面をすっきりさせたい方

スポンサー広告



Appライブラリの使い方手順

  1. iPhoneのホーム画面を左にスワイプする
  2. ホーム画面の最後のページまでスワイプする
  3. 「Appライブラリ」画面が表示される
  4. カテゴリ別にアプリが表示される
  5. 起動したいアプリのアイコンをタップ
  6. これでアプリが起動できます

このようにAppライブラリは、簡単に使うことができます。

iPhoneのAppライブラリ機能とは?

AppライブラリとはiPhoneでインストールしたすべてのアプリをひとつのページにまとめたもので、アプリのジャンル毎に自動でフォルダ分けされる機能です。
アプリの自動分類機能ということです。

長年iPhoneを使用していると、アプリが増えすぎてホーム画面が見にくくなってしまいますよね。
めんどくさくてアプリをごちゃごちゃのまま放置なんてことも。。

多くのiPhoneユーザーの方が悩んでいるアプリ整理は、Appライブラリを利用することで簡単に実現できます!

ここで注意があります。
それは、Appライブラリ機能はiOS14で新たに追加された機能となっています。
利用する場合は、iPhoneを最新の状態にアップデートする必要があるので注意してください。

Appライブラリの使い方

ここからは、Appライブラリの使い方をスマホの画面などを表示して紹介していきます。

まず、初めにiPhoneのホーム画面を左へスワイプします。

ホーム画面の最後のページまでスワイプ(移動)してください。

最後のページまでスワイプをすると、このような画面が表示されます。
この画面がAppライブラリになります。

このようにAppライブラリ画面ではiPhone内のアプリがカテゴリ別にフォルダでまとめられています。

このようにSNSなど自動的にフォルダ分けがされます。

フォルダそれぞれの右下にある部分をタップすることでカテゴリ内のすべてのアプリを表示することができます。
起動したいアプリのアイコンをタップすると通常のホーム画面と同じようにアプリが起動します。

Appライブラリの便利機能

アプリをまとめてくれるAppライブラリですが、便利な機能がいくつもあるので紹介します!

アプリを簡単に検索できる

Appライブラリでは、エンターテイメントやSNSなどのジャンル別にアプリがまとめられています。

ただ使用したいアプリがどのジャンルに分類されているか分からないという場合もありますよね。
そんなときに便利なのがアプリ名で検索することです。

Appライブラリの画面上部にある検索窓をタップする名前順にアプリが一覧表示されます。
また検索窓にアプリ名を入力するとPhone内のアプリを検索することもできるんです。

ホーム画面からAppライブラリにアプリを移動する

ホーム画面からアプリをAppライブラリに移動することで、ホーム画面上のアプリのアイコンを非表示にすることができホーム画面のアプリをすっきり整理できます。

ホーム画面からAppライブラリに移動したいアプリを長押して「Appを削除」→「ホーム画面から取り除く」をタップすると、ホーム画面に表示されていたアプリがAppライブラリに移動します。
アプリを移動しても、アプリのデータが削除されることはありません。

ホーム画面から非表示にしたアプリを元に戻す場合は、Appライブラリ上でアプリを長押ししてホーム画面に移動すれば、ホーム画面にアプリを表示することができます。

通常のアプリの並び替えと同じようにアプリを好きな場所へ移動してください。

こちらの記事でも詳しく解説していますので、よかったらぜひこちらもチェックしてみてください↓↓
iPhoneのアプリを消す!ホーム画面から隠す・非表示にする方法

新規のアプリをAppライブラリのみに追加する

iOS14以降にアップデートされたiPhoneでは、App Storeからダウンロードした新規アプリをホーム画面に表示せずにAppライブラリのみに追加することができます。

ここからは、新規アプリをAppライブラリのみに追加したい場合の設定方法を紹介します。


iPhoneのホーム画面にある設定アプリをタップして開いてください。


タップすると、さまざまな設定ができる画面が表示されます。
その中にある「ホーム画面」をタップしてください。

新規ダウンロードAppの画面が表示されます。
その中にある「Appライブラリのみ」を選択します。

この設定をすることで、Appストアで新しいアプリをインストール(ダウンロード)するとホーム画面には表示されずに「Appライブラリ」のみに追加されます。

Appライブラリの通知バッジを非表示にする

iPhoneはアプリから通知が届いた場合、通知設定をオフにしていないと基本的にアプリ右上に赤い枠の通知バッジが表示されます。

Appライブラリ上のアプリも同様なのですが、Appライブラリの場合は設定を変更することで全てのアプリの通知バッジを非表示にすることができます。

Appライブラリがとてもすっきりするのでおすすめの設定です!


ホーム画面にある設定アプリをタップし、ホーム画面を選択してください。


ホーム画面内の設定項目にある「Appライブラリに表示」とあるので、こちらをオフにしてください。
オンになっている場合は、通知バッジが表示されます。

これで、Appライブラリの通知バッジを非表示にすることができます。

ちなみにこちらの動画では、Appライブラリのアプリ通知バッジを非表示にする方法を動画で紹介しています。
Appライブラリのアプリ通知バッジを非表示にする方法を動画で見たいという方は、こちたの動画もぜひ参考にしてください。

Appライブラリ内のフォルダーやアプリは並び替えできない

iOS14以降からスタートしたAppライブラリ機能ですが、現時点ではAppライブラリ内のジャンル別のフォルダやアプリを並び替えることはできません。

Appライブラリ内のアプリを長押ししても、そのアプリを消去するかホーム画面へ移動することしかできないんです。

アプリを長押しすると、アプリが震え出し一見アプリの並び替えができそうに見えますがAppライブラリからホーム画面への並び替えしかできません。。。

今後、システムがアップデートされ並び替えができるかもしれませんが、現時点ではできませんので注意してください。

まとめ

今回は、iPhoneのAppライブラリの特徴と使い方について紹介しました。
使い方の手順は以下の通りです。

  1. iPhoneのホーム画面を左にスワイプする
  2. ホーム画面の最後のページまでスワイプする
  3. 「Appライブラリ」画面が表示される
  4. カテゴリ別にアプリが表示される
  5. 起動したいアプリのアイコンをタップ
  6. これでアプリが起動できます

Appライブラリ機能を使うと、iPhoneのホーム画面上にあるアプリを簡単に整理することができます。

ぜひ、この機能を使ってiPhoneのホーム画面を整理してみてください!

ただし、iPhoneをiOS14以降にアップデートをしていないと利用できない機能なので注意してください。

また他の記事ではスマホや様々なアプリの使い方についても紹介していますので、良かったらそちらも参考にしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。


以上「iPhoneのAppライブラリとは?使い方や設定方法を解説!」でした。

The following two tabs change content below.

スマホとアプリの教科書