スマホ・iPhoneが熱い原因とは?知っておきたい熱対策方法まとめ!
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

「最近スマホが急に熱い!何が原因なの?」
「iPhoneが熱くなる理由は?もしかして寿命とか壊れてる?」
「特定のアプリを使うとスマホが熱くなる。。これって大丈夫?」

スマホ・iPhoneを使っている時に本体が熱くなったという経験はありませんか?

スマホの本体が熱くなるということは、負担がかかっている状態です。
熱い状態で使い続けることでスマホのバッテリーの寿命が短くなる、つまりスマホ自体の寿命が短くなってしまうという可能性もあるんです。

このことからスマホ自体が熱くなったら基本的に使わないことをおすすめします。

今回の記事ではスマホが熱くなる原因やぜひ知っておいてほしい熱対策方法、そして熱い時にやってはいけないことについて紹介します。

今までスマホが熱くなった経験があるという方は参考にさせていただけると幸いです。

この記事はこんな方におすすめです!
  • スマホやiPhoneが熱くなった経験がある方
  • スマホを大切に長く使いたいという方
  • 操作にあまり詳しくない初心者の方

スポンサー広告



スマホやiPhoneが熱くなる原因とは?

なぜスマホは熱くなるの?原因は?の画像

まず初めにスマホやiPhoneが熱くなる原因について簡単に紹介します。

スマホ本体が熱くなる原因はズバリ「スマホに負担がかかっているから」です。

今までスマホが熱くなったことがある経験のある方は

  • 多くのアプリを開いている
  • 通信量の多いアプリを使っている
  • 長時間電話やビデオ通話を行っている

このような時に熱くなったことはありませんか?

スマホはパソコンと同じように、人間でいう頭脳の働きにあたる様々な処理をしてくれるCPUが搭載されています。
そのCPUがたくさん同時に処理を行うことでスマホ本体が熱くなります。

他にもカメラのライトやバッテリーなども熱が発生するものが多いんです。

つまり簡単に説明をすると本体が熱くなっている状態は「スマホががんばり過ぎている状態」ということですね。

スマホが熱い状態で使い続けるのは良くない!

スマホ、iPhoneが熱いと感じた時は使わないことをおすすめします。

その理由は先ほど紹介したように熱くなっている場合は基本的にスマホがフルで処理している、動いている状態です。

そのまま使い過ぎるとよりスマホに負担をかけてしまい、操作ができなくなったり(フリーズ状態)電源が切れてしまうこともあります。

さらに最悪の場合電源が切れてデータが消えてなくなってしまうこともあるんです。

それだけではなく、そのようにスマホに負荷をかけて使っている状態だとバッテリーなどに負担がかかります。

それが原因でバッテリーが弱くなってしまうことがあるんです。

バッテリーが弱ってしまうと、スマホの充電がすぐになくなってしまいます。
つまりスマホ自体の寿命が短くなってしまいますし、故障の原因にもなるんです。

このことからスマホやiPhoneの本体が熱い時は使い続けないことをおすすめします。

それでは続いてはスマホが熱くなった時のおすすめの対処法について紹介します。
スマホが熱くなった時にこれから紹介する対処法を行うことで、スマホを長持ちさせることにもつながるのでぜひ参考にしてください。

ちなみにこちらは動画でスマホの本体が熱くなってしまった時の対処法について紹介していますのでよかったらチェックしてみてください↓↓

スマホ・iPhoneが熱い!そんな時のおすすめの対処法まとめ

ここからはスマホが熱い時におすすめの対処法について紹介します。

スマホ本体が熱いと感じた時にはこれから紹介する対処法を実践していただくことで、スマホに負担をかけずに熱を抑えることができます。

ぜひ試してみてください!!

対処法①まずスマホを使わない

スマホ本体が熱いと感じた時はまずスマホを使わないことが大切です。

できるだけ今開いているアプリを終了させて、スリープモードにしてください。

使わないことでスマホの処理はストップし少しずつ熱が下がっていきます。

また電話中やビデオ通話中にスマホが熱いと感じてもすぐに切ることができない場合は、同時に開いているアプリなどを終了させて、電話アプリのみ開いている状態にすることをおすすめします。

スマホの本体が熱いと感じた時はスマホをなるべく早く使わない状態にすることがまずおすすめの対処法です。

対処法②スマホのカバーを外す

意外と見落としがちなのはスマホのカバーを外すということです。

多くの方がスマホにカバーをつけられていると思いますが、カバーをつけていると熱が外になかなか放出されないので、熱を抑えにくくなります。

カバーの中には分厚かったり、熱を放出しにくいカバーもありますのでつけていることでスマホが熱くなってしまう原因にもなるんです。

このことからスマホが熱い時はカバーを外す、またできれば分厚いカバーを使うことを避けることをおすすめします。

対処法③本体が熱くなるアプリはできるだけ使わない

スマホでは様々なアプリがインストールできますよね。

アプリによっては開いて操作をするとスマホの本体が熱くなってしまうようなアプリもあるんです。

例えば通信機会が多い高画質のゲームアプリなどを使っているとスマホが熱くなってしまうこともあります。

通信の機会が多い高画質のゲームアプリは、処理能力が高い最新のスマホやiPhoneに向けて作られていることが多く、数年使っている少し古いスマホの場合は処理にかかる負担が多く熱が発生してしまう原因になるんです。

このことから本体が熱くなるとわかっているアプリは、あなたが持っているスマホに負担をかけているアプリだと思ってください。

今使っているスマホをできるだけ長く使いたいという場合には、そのようなアプリはできるだけ使用しないまたは長時間使用しないことをおすすめします。

対処法④アプリをアップデートする

スマホにインストールしているアプリは定期的にアップデートされます。

スマホが熱くなる場合はそのようなスマホのアプリを最新の状態にアップデートすることも有効です。

アプリのアップデートをする場合バグなどを解決するアップデートもあります。

アプリのバグによってはスマホの処理能力を多く使ってしまい、発熱してしまうようなバグもあるんです。

熱を出さないためにも定期的にアプリのアップデートを行うことも大切です。

アプリをアップデートする方法はこちらの記事で詳しく紹介しています↓↓
【Androidスマホ】アプリをアップデートする方法!詳しいやり方を解説

【初心者用】iPhoneのアプリをアップデートする方法!できない原因とは?

関連動画

対処法⑤スマホを機種変更する

これらの対処法を行ってもすぐにスマホ本体が熱くなるという場合は、スマホの本体の寿命が近いとも言えます。

使い続けているとCPUの処理能力が低下したり、バッテリーの劣化なども起きそれが発熱の原因にもなるんです。

頻繁にスマホが熱くなるという場合は、そろそろ機種変更をする目安だと考えていただけると良いと思います。
また逆にそのような状態で使い続けて突然電源が入らなくなり、うんともすんとも言わなくなったということもあるのでその点は注意しましょう。

スマホが熱い時にやってはいけないこと2つのこと

スマホが熱い時の対処法について紹介しましたが、逆にやってはいけないことが2つあります。

まず1つ目が充電するということです。

充電を行う時はスマホのバッテリーが自然に熱くなってしまいます。

スマホ本体が熱い状態の時にさらに充電をしてしまうと、熱を抑えるどころか逆に高くなってしまうんです。

スマホの温度を下げたい場合は充電はしないようにしてください。

また同じように充電をしながらスマホを使うことも熱くなったり、バッテリーを劣化してしまう原因にもなるので注意しましょう。

そしてもう1つやってはいけない行動としては、急激に冷やすということです。

ネットには様々な情報があり、スマホが熱くなった時の対処法として冷蔵庫に入れて冷やしたり、保冷剤で冷やすことが紹介されていますが個人的にはおすすめしません。

その理由が急激に冷やすとスマホの本体内に水滴ができてしまう可能性があるからです。

熱いものを急激に冷やすと水滴が発生することがありますよね。

同じ原理でスマホも急激に冷やしてしまうと内部に水滴が発生し、それが原因でスマホの故障につながってしまうんです。

スマホが熱い時は熱を抑えることが大切ですが、それはあくまで時間をおいて発生している熱を抑えるということで冷やす必要はありません。

スマホが熱くなっても冷やさないということを覚えておいて下さい。

まとめ

今回はスマホやiPhoneが熱くなる原因とその対処法、そしてやってはいけないことそれぞれについて紹介しました。

スマホの本体が熱い時はスマホが頑張って処理をしている証拠です。

その状態で使い続けると負担がすごくかかってしまい、スマホ自体の寿命が短くなってしまいます。

ぜひ今回紹介した対処法を実践して、スマホを長く便利に使ってみてください。

またこのような対処法を行ってもすぐに本体が熱くなる場合は、スマホの機種変更を検討されてみてはいかがでしょうか?

他の記事ではスマホの基本的な使い方〜様々な便利機能についても紹介していますので、よかったらそちらもチェックしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「スマホ・iPhoneが熱い原因とは?知っておきたい熱対策方法まとめ!」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら