iPhoneアプリの購入・課金履歴を見る方法!消すことはできる?
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

iPhoneには、無料で利用できるアプリや、有料で購入したアプリなどさまざまな便利なアプリがありますね!

「iPhoneでアプリを購入したことがあるけど、いつどのアプリをいくらで購入したか知りたい」というときに簡単に確認できる方法があります。

iPhoneで購入したアプリの履歴情報はiTunesやApp Storeに残っているため、簡単に履歴を確認することができます。
人に見られたくない履歴も消すことも可能です。

今回この動画では、iPhoneのアプリの購入・課金履歴を見る方法、購入履歴を消す方法について紹介します。

iPhoneのアプリの購入履歴を確認したいという方は、ぜひ参考にしてください。

この記事はこんな方におすすめです!
  • iPhoneを利用している方
  • アプリの購入・課金金額を確認したい方
  • アプリの購入履歴を消したい方

スポンサー広告



iPhoneアプリの購入・課金履歴を見る手順

  1. 設定アプリを開く
  2. 一番上にあるユーザー名をタップし「メディアと購入」をタップ
  3. 購入履歴を選択する
  4. これでアプリの購入・課金履歴が表示され確認することができます。

このようにiPhoneで購入したアプリの履歴は簡単に確認することができます。
iPhoneのアプリの購入履歴を動画で見たいという方はこちらの動画で詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

ここからはスマホの画面を表示してiPhoneアプリの購入・課金履歴を見る方法を紹介していきます。

iPhoneアプリ購入・課金履歴を見る方法

まず、初めにiPhoneでアプリを購入・課金した履歴を確認する方法について紹介します。

iPhoneのホーム画面にある歯車のアイコン「設定」アプリをタップして開いてください。

一番上にあるユーザー名(自分の名前)をタップし、「メディアと購入」をタップします。

タップをすると、サインイン画面が表示される場合があります。
Apple IDに設定しているパスワードを入力してください。

続いて購入履歴をタップします。

すると過去90日間の購入履歴が表示されます。

90日以上前に購入した履歴を確認したい場合は、「過去90日間」をタップすると日付範囲を選択することができます。

日付ごとに購入(ダウンロード)したアプリや購入したコンテンツの種類、請求後合計金額、注文番号などを確認することができます。

こちらの方法はiOS15以降のバージョンでの確認方法になります。

アップデートがまだという方は、iPhoneを最新のバージョンにアップデートしてください。

iPhoneのアップデート方法については、こちらで詳しく紹介しています。

iPhoneを最新に!アップデートをする方法と確認の仕方・注意点を紹介!

メールでApp Storeの購入履歴(課金)も確認できます

App Storeでアプリを購入(課金)すると、「Appleからの領収書です」と件名に書かれたメールが届くのでそのメールで購入履歴を確認することもできます。

しかし、一通ずつメールを開いて確認するのは面倒ですよね。

そのときに便利な機能がメールを検索する機能です。

メールアプリを開き受信ボックスを選択します。

一番上にある虫眼鏡マークの検索をタップし、「Appleからの領収書です」を件名に含むメールを検索すると受信したメールが絞られすぐに見つけることができます。

アプリ名も入力すると、さらに検索結果が絞り込めます。

iPhoneアプリの購入履歴を消去・非表示にする方法

iPhoneでアプリの購入履歴を消去(非表示)にする方法は以下の通りです。

まず初めにApp Storeを開きます。

「Today」タブの画面に右上にあるアカウントのアイコンをタップします。

続いて購入済みをタップします。

タップをすると、購入したアプリが一覧で表示されます。

履歴を消去したアプリを左にスライドして「非表示」をタップします。

これで、購入履歴を消去することができます。
(正確には非表示)

購入履歴を消去しても、アプリが消えるわけではありません。

購入履歴を誰かに見られたくないというときに便利な機能になります。

購入履歴からアプリを再ダウンロードできる?

一度、消去してしまったアプリを購入履歴から再ダウンロードすることができます。

App Storeでわざわざアプリを検索する手間は省けるので便利です。

購入履歴から再ダウンロードする手順は以下のとおりです。

先ほど表示したApp Storeの購入履歴を表示します。

上部の「このiPhone上にない」をタップします。

タップをすると、一度ダウンロードしたけれど消去(アンインストール)したアプリが表示されます。

アプリの横にある雲のアイコンをタップすると、アプリが再ダウンロードされます。

ただし、購入履歴から削除してしまったアプリは表示されないので、注意してください。

iPhoneでは一度、App Storeでダウンロードしたアプリは、削除してしまってもいつでも再ダウンロードすることができます。

有料アプリも初回ダウンロードのときはもちろん料金はかかりますが、同じApple IDを利用している限る「削除→ダウンロード」を何度も繰り返しての新たに料金が発生することがありません。

今まで購入したアプリの情報は、Apple IDに紐付けされているのでiPhone本体を機種変更して問題なく再ダウンロードできます。

アプリ購入履歴画面の特徴

保留表示

アプリの購入画面で「保留」と表示されていると、「未払い?」「支払いができていない?」と不安に感じてしまう方も多いと思います。

しかし、ここに表示される未払いは必ずしもそういうわけではありません。

保留とは、商品の注文があったもののまだ決済がされていないものに表示されます。

注文処置はAppleの本社がある海外で行われるため決済完了までにタイムラグが生じるのです。

タイムラグが原因の場合は、時間を開けることで「保留」の表示は自動的に消えるので安心してください。

また、決済に失敗した場合にも保留と表示されます。

支払い方法が正しいのか、確認しておくと「保留」と表示されても安心です。

無料アプリも購入履歴に表示

iPhoneでは、無料アプリのダウンロードも「0円のアプリを購入した」と認識されるため無料アプリ・有料アプリ関係なく同じ扱いになります。

そのため、購入履歴にも「請求合計¥0」という表示でアプリのダウンロードが記録されていきます。

実際に課金処理がされるわけではないので、無料アプリも購入履歴には残りますが実際に料金を支払うことはありません。

お支払い方法が認証できませんエラー

「購入履歴画面にお支払い方法を認証できません」「お支払情報の更新」が表示される場合は支払い方法に問題があり決済ができな状態だということです。

登録しているクレジットカードの期限が過ぎていないかなどを確認し、もし期限が切れている場合には支払い方法を再登録してください。

まとめ

今回はiPhoneのアプリ購入・課金履歴を見る方法について紹介しました。
確認方法は以下の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 一番上にあるユーザー名をタップし「メディアと購入」をタップ
  3. 購入履歴を選択する
  4. これでアプリの購入・課金履歴が表示され確認することができます。

このようにiPhoneでは簡単に確認することができます。
自分がそのアプリにいくら使っているのか、今までどれだけ課金したのかなど確認することで課金のしすぎを防ぐこともできます。

また購入履歴の削除もできるので購入履歴を整理したいという方は、ぜひ試してみてください。

また、このサイトではスマホの基本的な使い方からさまざまなアプリの便利機能についても紹介しています。
よかったらそちらも参考にしてください!


最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「iPhoneアプリの購入・課金履歴を見る方法!消すことはできる?」でした。
スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら