盗撮・盗聴されてる!?iPhoneの右上の緑やオレンジのドットの秘密とは?

iPhoneを使っていて気になるのが

「このiPhoneで盗聴や盗撮がされていたらどうしよう・・?」

ということではありませんか?

基本的にiPhoneはセキュリティ効果が高く、盗聴や盗撮をされるという心配はありませんが、インストールをするアプリによっては知らない間にカメラやマイクの機能が働いて、盗聴や盗撮に使われる可能性もゼロではありません

しかしiPhoneには盗聴や盗撮されている危険性を教えてくれる機能があるって知ってましたか?

この記事ではiPhoneでの盗撮や盗聴がされているときに表示される画面上に表示される、緑やオレンジのドットについて紹介します。

知っておくだけで盗撮や盗聴されている場合に気づける可能性もあるので、ぜひ参考にしてください。

この記事はこんな方におすすめです!
  • iPhoneで盗撮・盗聴されていないかが気になる
  • 画面に表示されるオレンジや緑のドットって何?という方
  • iPhoneのセキュリティ効果を高くしたい方

ちなみに動画で知りたいという方はこちらの動画をご覧ください↓↓

自分のiPhoneで盗撮・盗聴されているかもしれないサインとは?

あなたはiPhoneの右上に表示されているドットの意味を知っていますか?

このようにiPhoneの画面の右上の部分には、緑やオレンジ色のドットが表示されていることがあるんです。

このドットが表示されている場合は、iPhoneのカメラ機能やマイク機能がオンになっている状態。
ちなみに

緑色のドットが表示→カメラ機能がオン
オレンジ色のドットが表示→マイク機能がオン

このようにiPhoneのカメラとマイクが起動している時は、緑色やオレンジ色のドットがそれぞれ表示されます。

例えばiPhoneのカメラアプリを起動して、写真が撮影できる状態にしてみて下さい。
すると右上の部分に緑色のドットが表示されると思います。

このようにカメラが起動すると、画面の右上に緑色のドットが表示されます。

つまり画面にドットが表示されているとiPhoneのカメラ、またはマイクの機能がオンになっていて、カメラでの撮影やマイクでの録音ができる状態ということですね。

なので、このドットが表示されている場合は絶対に盗撮や盗聴がiPhoneを使ってされているというわけではありません。

ただドットを表示されている時はあることを確認して欲しいんです。

iPhoneに緑やオレンジのドットが表示されたときに確認して欲しいこと

まずドットが表示されているときにiPhoneのコントロールセンターを表示してください。

コントロールセンターとは、iPhoneの右上の部分をタップして下にスライドさせると表示される画面のことです。

こちらがiPhoneのコントロールセンターです。

こちらではiPhoneの音量の調節やWi-Fiのオン・オフなど様々な設定ができる画面ですが、画面に緑やオレンジ色のドットが表示されているときにコントロールセンターを開くと、どの機能でカメラやマイクの機能がオンになっているかが確認できます。

例えばカメラアプリで写真を撮影するときにコントロールセンターを開くと、緑色のアイコンとカメラと表示されたり、ボイスメモアプリで声を録音している場合は、オレンジ色のアイコンとボイスメモと表示されるんです。

このように緑色やオレンジ色のドットが表示されているときに、コントロールセンターを開くことで、どのアプリでカメラ・マイクがオンになっているかが簡単に確認できます。

このようにオレンジや緑のアイコンの横に、マイクやカメラを使用しているシステムが表示されます。

iPhoneで盗撮や盗聴がされているかもしれない危険なパターンとは?

基本的にカメラアプリやボイスメモアプリなどでカメラやマイク機能を使う場合、iPhoneの画面上に緑色やオレンジ色のドットを気にすることはないと思います。

ただそれ以外でiPhoneの画面にドットが表示されている場合は、盗撮や盗聴されている可能性もあるので注意しないといけません。

まず気を付けないといけないパターンが、マイクやカメラを使用しないアプリなのにドットが表示されるパターンです。
アプリによってはiPhoneのカメラ機能を使うというアプリも多く、もちろんその場合はiPhoneに緑色のドットが表示されます。

しかし、明らかにカメラやマイク機能を使わないアプリで緑色やオレンジ色のドットが表示されている場合は、そのアプリで盗撮や声が盗聴されている可能性もあります。

特にマイナーなアプリの場合は気を付けましょう。

個人的にはカメラ機能やマイク機能を使わないアプリなのに、緑やオレンジのドットが表示されるアプリに関しては、なるべくiPhoneからアンインストール(消去)することをおすすめします。

そして次に気をつけて欲しいパターンが、常にiPhoneにドットが表示されている状態ということです。

基本的にカメラやマイクは、何かアプリや何かの機能を使用している状態じゃないとオンになりませんよね。

ただ中には常にiPhoneの画面にドットが表示されているということもあるようです。

つまりドットが表示されているということは、iPhoneのカメラやマイクが常にオンになっているということですね。

これはより盗撮や盗聴されている可能性が高くなります。

常にiPhoneの画面に緑やオレンジ色のドットが表示される場合は、まずちゃんとアプリをオフの状態にしているかを確認してみてください。
アプリによっては、アプリの電源を落とさないとカメラやマイクが作動している場合もあります。

また全てのアプリを切ってもiPhoneの画面にドットが表示される、消えないという場合は一度iPhoneの電源を切り再起動してみてください
それでもドットが表示される場合は一度Appleサポートにお問い合わせをしてみることをおすすめします。

このようにドットが表示されている時は、どのアプリでカメラ機能やマイク機能がオンになっているのかを確認することをおすすめします。

iPhoneで盗撮や盗聴をされないために

iPhoneではこのように盗撮や盗聴がされているかが気づけるように、緑色やオレンジ色のドットが表示される機能が追加されました。

ただやはりそのようにiPhoneのセキュリティ効果を高くするためにも、怪しいURLにすぐにタップすることや怪しいアプリをダウンロードすることは控えましょう。

iPhoneのアプリは絶対にApp Storeからダウンロードしてください。

アプリは必ずApp Storeからインストールをしましょう。

たまにSafariアプリやGoogle Chromeアプリなどのブラウザアプリで開いた怪しいウェブサイトから、アプリをインストールできるサイトもありますが、そのようにデータをインストールすることは危険です。

また身に覚えのないメールやSMS(ショートメッセージ)などに表示されているURLもタップしないように気をつけてください。
今回は盗撮や盗聴のトラブルをメインに紹介していますが、それ以外にも個人情報が流出したり、迷惑メールがたくさん届くという原因にもなります。

簡単にタップ1つで様々なことができるiPhoneですが、だからこそそのように危険な状態になることも多いんです。

セキュリティ対策のためにもそのような点に注意してiPhoneを使ってみてください。

まとめ

今回はiPhoneの画面の右上に表示される緑色のドット・オレンジ色のドットについて紹介させていただきました。

iPhoneにドットが表示されているのはカメラやマイク機能がオンになっている状態です。

緑色のドット→カメラ機能がオン
オレンジ色のドット→マイク機能がオン

このように覚えておいてください。

またドットが表示されているときに、iPhoneのコントロールセンターを開くとどのアプリでカメラやマイク機能が使われているかということが確認できます。

盗撮や盗聴が疑われている場合は、ドットが表示されているときにどのアプリや機能でカメラなどが使われているかを確認してみてください。

自分のiPhoneで盗聴や盗撮がされていると思うとゾッとしますよね。
ぜひ今回紹介したドットの意味を知っておくことをおすすめします!

まだ緑やオレンジのドットの意味を知らないという方も多いので、ぜひ周りのiPhoneユーザーの方にも教えてあげてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「盗撮・盗聴されてる!?iPhoneの右上の緑やオレンジのドットの秘密とは?」でした。