LINEのデータ通信量・ギガ数を節約する方法
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

連絡を取るツールとしてLINEアプリを利用しているという方も多いと思います。
「LINE通話は無料だからかけ放題!」と思っていませんか?
 

確かにLINE音声通話は電話回線を利用していないので、通話ということでは無料です。
しかし、LINE通話には通信量がかかってしまいます。
 

LINE音声通話に限らず、トークやタイムライン投稿にも通信量がかかります。
 

今回、この記事ではLINEアプリを利用する際にデータ通信量・ギガ数を節約する方法について紹介します。
データ通信量を気にせず使えるサービスについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事はこんな方におすすめです!
  • LINEアプリを利用している方
  • 毎月データ通信量に制限がかかってしまう方
  • データ通信量を節約したい方

スポンサー広告



LINEアプリが無料と言われる仕組み

LINEアプリはLINEの友達同士であれば電話番号を知らない人ともトークができたり通話ができます。

スマホの電話回線ではなくインターネット回線を使用してトークをしたり、電話をかけれる機能です。
通話料がかからない代わりにデータ通信量を消費します。

つまり、Wi-Fi環境がある場所であれば通信量はかからないので好きなだけLINEアプリで通話をしたり、トークができるということですね!

しかし、スマホがWi-Fiに接続されていない場合に利用すると、データ通信量がかかってしまいます。
ここからは、LINEアプリでそれぞれどれくらいデータ通信量がかかっているのかを紹介します。

LINEはどれくらいデータ通信量を消費する?

スマホがWi-Fiに接続されていない場所でLINEアプリを利用するとモバイルデータ通信量がかかってしまいます。
これから紹介する消費量は、あくまで目安となります。

実際の利用環境や状況によって左右されますので目安としてご覧ください。

・トーク(文字だけ) 3KB/1回
・スタンプ 7KB/1回
・画像送付(標準) 113KB/1枚
・動画送付 6MB/1動画
・音声通話 300KB/1分
・ビデオ通話 5MB/1分

トークや画像の送受信よりも、音声通話やビデオ通話の方がデーや通信量をかなり消費してしまいます。
LINEは音声通話を行うか、ビデオ通話を行うかで大きくデータ通信量は異なります。

1GBで何分話せる?

データ通信量を多く消費してしまう音声通話とビデオ通話はそれぞれ1GBでどれくらいの時間通話することができるのでしょうか。
それぞれ紹介していきます。

音声通話の場合

音声通話は目安として、1GBで約55.5時間話すことが可能です。

この時間であれば、毎日1.2時間程度通話しても1か月に1GBに収まるということですね。

「通話」というと、たくさんのデータ通信量が必要に感じますが、意外と少ないデータ通信量で長時間電話できます。

ビデオ通話の場合

ビデオ通話は、目安として1GBで3.25時間話すことができます。
1か月で換算すると、1日あたり約6分のビデオ通話ができるということです。
音声通話に比べると、データ通信量は大きくなります。

1時間再生に2GBを使用すると言われているYouTubeなどの動画再生のデータ通信量に比べると比較的に少ないですが、Wi-Fi環境にない場所でのビデオ通話はかなりデータ通信量を消費してしまいますので注意してください。

Wi-Fi環境のない場所での無料通話やビデオ通話は控えた方がデータ通信量・ギガ数の節約になります。

おすすめ!LINEのデータ通信量・ギガ数を節約する方法

LINEMO(ラインモ)を利用する

無料で使うことができるLINEアプリですが、Wi-Fiに接続されていない場所での使用はかなりのデータ通信量を消費してしまうとお伝えしました。

できればスマホがWi-Fiに接続されていない状態でもデータ通信量を気にせずに使いたいという方も多いですよね。

データ通信量を気にせずに使えるおすすめのサービスがあります。
それは、LINEMO(ラインモ)です!


引用:LINEMO(ラインモ)公式サイト

LINEMO(ラインモ)とはソフトバンクが運営している格安スマホサービスのことです。
LINEMO(ラインモ)は一番安いプランだと月々基本料金が990円で利用することができます。

それにLINEMO(ラインモ)には「LINEギガフリー」というサービスまであるんです。

このギガフリーというサービスはなんとスマホがWi-Fiに接続されていない状態でLINEアプリを使っていてもデータ通信量が消費されないというサービスです。(ニュースなど一部サービス対象外の場合もあります)

つまりLINEMO(ラインモ)の「LINEギガフリー」機能を使うとLINE通話、LINEビデオ通話がどこでもかけ放題!
さらにLINEでメッセージや画像・動画を送る際の通信量も消費しません!

スマホがWi-Fiに接続されていない状態でも通信量を気にすることなくLINE通話を使える、ビデオ通話ができるとなるとかなり嬉しいですよね!
外出先でよくLINE通話をする・メッセージのやりとりをするという方にはおすすめのサービスです!

気になる方・お得にスマホを使いたい方はこちらのLINEMO(ラインモ)公式サイトでチェックしてみてください↓↓



LINEの設定方法を見直してデータ通信量を節約する

LINEではトークなどで送信する画像の画質と画像や動画がメッセージを受信した際に自動でダウンロードされない設定をすることでデータ通信量を節約することができます。

【送信する写真の画質を変える方法】

LINEアプリのホーム画面を開き、右上にある歯車のアイコンをタップします。

さまざまな設定ができる画面が表示されます。
「写真と動画」を選択します。

一番上にある「送信する写真の画質」を選択します。

高画質が選択されているいる場合は、「標準」にすることで画像を送るときに使用する通信量を少しだけですが抑えることができます。

【写真や動画を自動ダウンロードしないように設定する方法】

友だちなどから動画が送られてきた場合に、自動でデータをダウンロードして再生してしまうと、通信量を消費してしまいます。

特に企業アカウントは、動画の投稿が多いと言われています。
データ通信量を抑えたい場合は、「Wi-Fi接続時」または「自動再生しない」設定にすることをおすすめします。

設定アイコンから「写真と動画」を選択します。

「写真を自動ダウンロード」をオフの状態にします。
緑色に表示されている場合は、オンの状態です。

続いて動画自動再生をタップします。

「Wi-Fiのみ」または「自動再生しない」を選択すると送られてきた動画を自動的にダウンロードして再生されることはありません。

自動ダウンロードされない設定にしても送られてきた動画のサムナイルは表示されるので、どんな画像・動画が送られてきたのか分かります。
スマホがWi-Fiに接続された際にダウンロードが開始されます。

まとめ

今回はLINEのデータ通信量・ギガ数を節約する方法について紹介しました。

外出先で通信量を気にすることなくLINEアプリを利用したいという方には、LINEMO(ラインモ)サービスを利用することがおすすめです。
LINEアプリの設定を変更することで、データ通信量を少しでも抑えることができますのでぜひ試してみてください。

また、このサイトではスマホの基本的な使い方からさまざまなアプリの便利機能についても紹介しています。
よかったらそちらも参考にしてください!


最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「必見!LINEアプリのデータ通信量・ギガ数を節約する方法」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら