iPhoneが壊れたらデータはどうなる!?そんな時の対処法まとめ
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

最新記事 by スマホの教科書サイト運営者【田端】 (全て見る)

「iPhoneが急に壊れた!データはどうなるの?」
「壊れた時に備えてデータを保存したいけどどうしたらいいかわからない」
「そもそもiPhoneが壊れたらデータは復元できる?」

iPhoneは様々なデータが保存されていますよね。
人によっては自分に関するほとんどの情報をiPhoneに保存している方もいると思います。

ただ気になるのがiPhoneが壊れた時ですよね?
突然全くiPhoneが動かなくなったときのデータはどうなるのか、復元できるのかが気になるはず。

今回はiPhoneが壊れたら保存されているデータがどうなるのか、復元することは可能なのかについて紹介します。
iPhoneユーザーの方はぜひ参考にしてください。

この記事はこんな方におすすめです!
  • iPhoneユーザーの方
  • 普段からよくiPhoneを使われている方
  • たくさんのデータを保存されている方

スポンサー広告



現在iPhoneが壊れて困っているという方はこちらを参考にしてください!

この記事をご覧になっている方の中で

「今iPhoneが全く動かなくて困っている!データが残っているか確認したい!」

という方はこちらの記事をご覧ください↓↓

こちらの記事ではiPhoneが壊れた時におすすめの修理サービスについて紹介しています。

この記事では紹介しているサービスはiPhoneが突然壊れて全く動かなくなった時や水没をした時に、iPhoneの修理を行ってくれるサービスです。
またiPhone動かなくてもデータが残っている場合は復元することも可能です。

さらにこのサービスはiPhoneを郵送で送ることで利用することができるので、全国から申し込みができます。
現在iPhoneが動かなくて困っているという方はこちらの記事を参考にしてください。

iPhoneが壊れたときはデータは復元できるの?

iPhoneが壊れたとき気になるのがデータが残っているのか?復元できるのかということですよね?

その答えはズバリiPhoneの壊れ具合によります。

例えばiPhoneが急に電源が落ちて自動的に再起動するような壊れ方の場合は、その間にバックアップをとるなどができることも多いのでデータの保存は可能です。
これは電源ボタンが作動しなくなったような壊れ方の時とも同じですね。

しかし全く動かない、一度電源が切れてしまってから動かなくなってしまったという場合はデータが保存されているかがわかりません。
この場合は、先ほど紹介したようにiPhoneの修理・データ復元サービスを利用することをおすすめします。

アプリによって保存されているかどうかは違います

またデータが保存されているかどうかはアプリによっても違います
例えばiPhoneのデータは保存されていたけど、アプリのデータは消えてしまった。

そのような可能性もゼロではありません。
iPhoneが動かなくなった時はもしパソコンなどのブラウザを使ってログインができるサービスに関しては、ログインをしてデータの保存状態がどのようになっているかということを確認することをおすすめします。

iPhoneの調子が悪いときはバックアップをとっておきましょう!

iPhoneが壊れて電源が入らなくなる、全く動かなくなるなどの故障の症状が起きるとほとんどの場合動作が悪くなることがあります。
例えば頻繁に電源が落ちるようになったり、動作自体が遅くなる、画面をタッチした時に反応が鈍くなるなどです。

このような何か調子が悪いと感じたときは、iPhoneが故障する前兆かもしれません。

そんなiPhoneの調子が悪いと感じられるときは、データのバックアップをとっておきましょう。

データのバックアップをとっておくことで、万が一iPhoneが壊れてしまっても新しいiPhoneを購入しバックアップデータをインストールすることでデータを復元することも可能です。
※アプリによっては引き継ぎができないこともあります。

iPhoneのバックアップをとると聞くとなかなかめんどくさそうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的な操作方法は簡単です。

こちらの動画でiPhoneのバックアップをとる方法について詳しく紹介していますので、iPhoneのデータのバックアップを取りたいという方はこちらの動画も参考にしてください↓↓

やはりiPhoneが動かなくなる前に新しい機種に変更することをおすすめします

今回紹介した内容はiPhoneが動かなくなった時にデータはどうなるのか、復元できるのかということです。
先ほども紹介したようにiPhoneは急に壊れるということよりも、予兆として動作や反応が鈍いと感じたときは早めに新しい機種に交換することをおすすめします。

まだ購入したばかりの故障や動作の不具合はAppleサポートに問い合わせることもおすすめです

iPhoneは数年使い続けていくと、劣化によって故障することが考えられます。
しかしまだ購入してまもないのにiPhoneの動作がおかしいという場合は一度Appleサポートに連絡することをおすすめします。

AppleサポートとはApple IDがあれば誰でも利用することができる無料のサポートサービスです。

iPhoneのことなら様々なことを直接電話やチャットで聞くことができます。

こちらの動画でAppleサポートの使い方に関して詳しく紹介していますので、こちらもよかったらチェックしてみてください↓↓

まとめ

今回はiPhoneが壊れた時にデータが復旧できるのかということについて紹介させていただきました。

iPhoneが全く電源がつかない、操作できない状態だとデータが残っているかどうかはわかりません。
その場合は修理サービスを利用することをおすすめします。

しかし、まだ操作ができる段階であればバックアップをとってデータを改めて保存しておきましょう。

またこのサイトではiPhoneの基本的な使い方から様々なアプリの便利機能について紹介していますので、よかったら参考にして下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「iPhoneが壊れたらデータはどうなる!?そんな時の対処法まとめ」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

最新記事 by スマホの教科書サイト運営者【田端】 (全て見る)