Apple Musicをお得に!学生が学割プランで登録する方法を解説!
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTube動画の総再生数は1,500万回以上。 「スマホで生活を豊かにする」をミッションに情報を発信中! 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

「Apple Musicを学割で使いたいけどどうやって登録するといいの?」
「Apple Musicって学生がお得って本当!?」
「中学生や高校生でも学割って使えるの?」

今9,000万曲もの音楽が配信されている人気のApple Musicですが、通常月額980円です。

しかし、学生の場合はApple Musicでは学割が効く学生プランに加入すると月額480円で利用することができます。

また学生プランだからといって、通常の月額プランと同じサービスが受けらないというわけではなく、すべての曲を聴くことができ、ダウンロードも可能です。

つまり学生なら約半額でApple Musicを利用できるということですね。

個人的にはすごくおすすめです!

今回の記事ではApple Musicをよりお得に使うために、Apple Musicを学割プランで登録する方法やその条件、注意点についてまとめて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

それでは紹介していきます!

この記事はこんな方におすすめです!
  • 大学生の方
  • Apple Musicを学生プランで加入したい方
  • お得にApple Musicを使いたいという方

スポンサー広告



Apple Musicの学生プランは学生なら誰でも使える?

この記事をご覧の方の中には中学生や高校生の方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回紹介するApple Music学生プランは大学生限定のプランです。

なので、中学生や高校生は加入することができません。

しかしその場合は家族が加入していると一緒に加入することができる、ファミリープランに加入するとお得に使うことができます。

まだ大学生ではないという方はまずは学生プランではなくファミリープランに加入してお特にApple Musicに加入されてみてはいかがでしょうか?

そのようにApple Musicの学生プランには加入するための条件があるんです。

それでは続いてはApple Musicの学生プランに加入できる条件について紹介していきます。

またApple Musicの学割プランの詳細・加入方法についてはこちらの動画で詳しく紹介していますので、よかったらこちらもご覧ください↓↓

Apple Musicの学生プランに加入するための条件とは?

Apple Musicの学生プランに加入するための条件は以下の3つが挙げられます。

  • 大学生・専門学生である
  • UNiDAYSに加入している学校に通っている
  • 学校に在籍している証明ができる

この3つがApple Musicの学生プランに加入できる条件です。

それではそれぞれの条件について簡単に紹介していきます。

条件①大学生・専門学生であること

先ほどもお伝えしたようにApple Musicの学生プランは中学生や高校生では加入することができません。

そして17歳以上でないと加入できないということも覚えておいてください。

また大学生や短期大学生、専門学生であれば年齢の上限はないということになります。

ただどの学校に在籍していても、学生プランに加入できるわけではないんです。

条件②UNiDAYSに加入している学校に通っていること

UNiDAYSとは学校が加入しているとさまざまなサービスが学生限定で割引で使えるという人気サービスです。

世界中で利用されています。

UNiDAYS公式サイトはこちら↓↓
UNiDAYS公式サイト
そのUNiDAYSに学校が加入していないとApple Musicの学生プランに加入することはできません。

UNiDAYSに加入している学校かどうかは、UNiDAYSのサポートに問い合わせるとわかるとのことです。

また仮にUNiDAYSに加入していない学校でも在籍証明を出せる場合は加入できることもあるようです。

UNiDAYSに加入しているかどうかは加入する前に調べてみることをおすすめします。

条件③学校に在籍している証明が確認できること

そして最後の条件があなたが学校に在籍している証明が確認できるかということです。

例えば学生証や学校在籍証明書の画像を提出するということですね。

この3つの条件のうち一番ハードルが高く感じるのがUNiDAYSに加入しているかどうかを調べることがだと思います。

まずは使ってみたいという方は1ヶ月無料でApple Musicを!

Apple Musicは初めて加入する方は1ヶ月無料で使うことができます。

実際に学生プランで加入する前に一度無料で使ってみたいという方も多いと思います。

そんな方は一度試して使ってみてください!

学生プランは一度個人プランに加入した後でも変更をすることができるので無料で使ってどのような音楽が配信されているのか、使い心地はどうなのかを試してみることをおすすめします。

1ヶ月無料トライアルはこちらのURLから加入することができますので、チェックしてみてください↓↓
Try Apple Music

Apple Musicに学生プランで加入する方法

それでは実際にApple Musicに学生プランで加入する方法について紹介していきます。

まずこちらのURLからApple Musicを開いてください。

Try Apple Music

こちらを開くとどのプランに加入するのか

  • 個人プラン
  • ファミリープラン
  • 学生プラン

この3つの中からプランを選択することができるので、学生をタップして選択をして下に表示されている「利用資格を確認」という部分をタップしてください。

タップをすると先ほど紹介したようにUNiDAYSのサイトが表示されます。

こちらでわかる方はメールアドレスや学校名を入力してください。

UNiDAYSに学校が加入しているかわからない、確認したいという方はこちらの画面のサポートから問い合わせてみてください。

あとは支払い方法などを決めると簡単に登録することができます。

Apple Musicの学生プランの注意点

最後にApple Musicの学生プランの注意点について紹介します。

注意点は加入をしてから48ヶ月後に自動的に個人プランに切り替わるということです。

つまりずっと学生プランで使えることはできないということですね。

ただし、学生プランが終わって個人プランに切り替わっても、今までダウンロードした曲などがリセットされるということはありません。

あくまで月額料金が通常の料金に自動的に切り替わるだけです。

この点は覚えておいてください。

まとめ

今回はApple Musicをお得に使うことができる学生プランに加入する方法、やり方や注意点についてまとめて紹介しました。

Apple Musicはすごく使いやすく配信曲も多いので人気のサービスです。

特に学生の方は半額で使うことができる学生プランがすごくおすすめなので、ぜひお得にApple Musicを使ってみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「Apple Musicをお得に!学生が学割プランで登録する方法を解説!」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTube動画の総再生数は1,500万回以上。 「スマホで生活を豊かにする」をミッションに情報を発信中! 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら