散歩・ウォーキングが趣味の方におすすめのアプリ5選!スマホ活用術
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTube動画の総再生数は1,500万回以上。 「スマホで生活を豊かにする」をミッションに情報を発信中! 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

ウォーキングはエクササイズの中でもお手軽で運動不足の解消にぴったりです。
運動不足が続いてしまうと、体力や免疫の低下に繋がってしまいます。。

中でもウォーキングは、運動が苦手な方でも取り組みやすい運動の一つです。

今回、この記事では散歩やウォーキングが趣味の方におすすめしたいアプリを紹介します。

「歩く」意識を高めるためにまず自分の普段の歩数を把握することが大切です。

ウォーキングアプリを利用したことがないという方は、ぜひ参考にしてください!

この記事はこんな方におすすめです!
  • スマホを利用している方
  • 散歩・ウォーキングが趣味の方
  • ウォーキングの記録を残したい方

スポンサー広告



ウォーキングにおすすめのアプリを選ぶポイント

ウォーキングのアプリとは、スマホにインストールして使う「歩数計」です。

歩数だけでなく、消費カロリー・歩行ペース・歩行距離などさまざまなデータが収集できるため、日々の健康維持やダイエットに役立ちます。
どのように使いたいかを考えて選ぶことで、自分に合ったアプリを見つけることができます。

ポイント①歩数を確認しやすいものを選ぶ

自分がどれだけ歩いたか、記録された歩数を確認しやすいアプリを選ぶのがおすすめです。

その日、1日のデータを振り返るだけでなく、1週間や1ヵ月単位で一覧で表示してくれるのもあり、自分の運動量を把握できて便利です。

中でもおすすめなのが、自動でグラフ化してくれるものやカレンダー表示してくれるものが見やすくおすすめです。

ポイント②プラス機能をチェックして選ぶ

スマホのアプリならではの、歩数計以外のプラス機能をチェックして自分の好みのものを探してみましょう。
何を目的にしているかを明確にすることで、自分に必要な機能も見えてくるはずです。

【ダイエットや健康管理が目的】

ダイエット・健康管理のためにウォーキングをするという方には、カロリーやヘルスデータを表示してくれるアプリがおすすめです。
歩数を消費カロリーに置き換えて表示してくれるのもならダイエット中のモチベーションもアップ!

また健康管理には、血圧や脈拍、便通など体調の記録ができるものが最適です。
女性用では月経のデータを入力できるものがあるため、変化しやすい体調に合わせて運動量を調節できるのも選ぶポイントとなります。

【歩いた場所や移動時間を振り返る目的】

歩いた場所や移動時間をデータとして残しておきたい方には、GPS機能付きアプリがおすすめです。
GPSがあれば自分の歩いた場所や移動した時間を記録しておくことが可能です。

例えば、先週よりも歩く距離を伸ばしたい!同じ距離をもっと短時間で歩くなど、過去のデータと照らし合わせて目標を立てることもできます。

【SNS機能を使ってデータを共有したい・日記代わり】

1人でなかなか運動が続かないという方は、SNS機能を搭載したアプリを選ぶことがおすすめです。

SNSで記録したデータを仲間と共有できればモチベーションを高めることができ、またSNS上にデータを残しておくことで、ライフブログとして日記代わりに使うことも可能です。
歩いたデータを思い出として記録するのも簡単です。

ポイント③楽しく続けられる工夫があるもアプリもおすすめです

ただ黙々と歩いてデータを記録するだけでは、どうしても続かない、、飽きてしまいます。
続けられるか心配な方は、楽しみながらゲーム感覚で使えるアプリを選ぶことがおすすめです。

例えば、歩いた歩数に応じて給付されるコインを集めてゲームないでアイテムと交換できるものもあります。
さらにWAONポイントやdポイントなど実際に使えるポイントが貯まるものもあります。

散歩・ウォーキングが趣味の方におすすめのアプリ5選!

それでは散歩・ウォーキングが趣味の方におすすめのアプリを5つを紹介していきます!

関連記事
ステラウォークはいくら稼げるの?初め方を解説!アンドロイドスマホでもできる?

歩いて仮想通貨がもらえるSweatcoinとは?始め方や稼ぎを紹介します!

FiNC

散歩・ウォーキングが趣味の方におすすめのアプリがこちら!!

人工知能がダイエットを徹底的にサポートしてくれるアプリです。
AIトレーナーがユーザーの方それぞれの悩みや状態に合わせたアドバイスを届けてくれるのが特徴です。

それに、歩数と睡眠の自動記録やカロリーの自動計算など、人工知能が面倒なデータ入力をサポートしてくれます。
各分野の専門家が監修しており、美容と健康にまつわるコンテンツもチェックできます。

今まで記録することが面倒で、なかなか続けられなかったという方におすすめです!

累計ダウンロード数1000万突破の国内ヘルスケア/フィットネスアプリNo.1※です!!

FiNC ダイエットのための体重管理やカロリー計算アプリ

FiNC ダイエットのための体重管理やカロリー計算アプリ

FINC TECHNOLOGIES INC.無料posted withアプリーチ

※ 日本国内 App Store / Google Play「ヘルスケア(健康)/フィットネス」カテゴリにおける
1年間(2019年1月〜12月)のダウンロード数の合算です。/出典:App Annie

歩数計アプリaruku&(あるくと)

歩数を記録するだけではなく、その記録された距離を使って様々な商品に応募することができるアプリです。

また距離を測定するだけではなく消費したいカロリーを目標にも設定ができます。

他にも条件を達成すると必ずTポイントが毎月貰えたり、様々なイベントが行われているので楽しみながら歩数を記録できる人気アプリです。

歩数計アプリ -aruku&(あるくと)-

歩数計アプリ -aruku&(あるくと)-

ONE COMPATH CO., LTD.無料posted withアプリーチ

こちらの動画ではaruku&(あるくと)アプリの登録方法と基本的な使い方について詳しく紹介しています↓↓

歩数計Maipo

歩数計に特化したシンプルな使い心地が魅力の「歩数計Maipo」は時間ごとの歩数を1日単位で記録できるほか、目標に対しての達成度を1ヵ月ごとにチェックすることができます。

月間のベストや自己ベストも表示できるのでモチベーションアップにもおすすめです。
アプリの電力消費が気になる方や、歩数計以外の余計な機能は必要ないという方におすすめです。

歩数計Maipo - 毎日歩こうダイエット!

歩数計Maipo – 毎日歩こうダイエット!

urecy無料posted withアプリーチ

RenoBody

毎日歩くだけでWAONポイントがゲットできるお得な歩数計アプリです。
RenoBodyアプリは基本バックグラウンドで起動するため、歩数は自動的にカウントされます。

歩数と消費カロリーはグラフで表示されます。
目標達成のために必要な距離は、現在地から半径の大きさで表示することも可能です。

ウォーキングをしながらポイント集めを楽しみたいという方におすすめのアプリです。

RenoBody~歩くだけでポイントがもらえる歩数計アプリ~

RenoBody~歩くだけでポイントがもらえる歩数計アプリ~

Neos Corporation無料posted withアプリーチ

徒歩でゆく~東海道五十三次

ただ歩くだけでは物足りないという方におすすめしたいアプリは「徒歩でゆく~東海道五十三次」です。
歩数計機能を利用して、擬似的に東海道旅行を楽しめるのが特徴です。

歩数だけではなく、次の宿場町までの距離が分かるため、どこまでウォーキングをするのか具体的な目標を持ってウォーキングが続けられます。

ゴールまでかかった日数によってランキングが表示されるので、ゲーム感覚で上位ランクを目指してみるのも楽しいですよね!

(歩数計)徒歩でゆく〜東海道五十三次

(歩数計)徒歩でゆく〜東海道五十三次

ITO Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

まとめ

今回は、散歩・ウォーキングが趣味の方におすすめのアプリ5選を紹介しました。

  • 歩数計 -歩数計で1万歩-歩数計アプリでウォーキング1万歩
  • 歩数計Maipo
  • RenoBody
  • FiNC
  • 徒歩でゆく~東海道五十三次

ウォーキングにはさまざまな効果が期待でき、年齢関係なく誰でも気軽にできる運動です。

いつも自分がどれくらいの距離を歩いているのか知りたい!
ただ歩くことに飽きてしまったと言う方は、紹介したおすすめアプリを参考にウォーキングを楽しい時間にしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「散歩・ウォーキングが趣味の方におすすめのアプリ5選!スマホ活用術」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTube動画の総再生数は1,500万回以上。 「スマホで生活を豊かにする」をミッションに情報を発信中! 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら