スマホで目が痛い!そんな疲れ目におすすめの目薬、サプリを紹介!
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTube動画の総再生数は1,500万回以上。 「スマホで生活を豊かにする」をミッションに情報を発信中! 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

「目が痛みや疲れ目におすすめの目薬が知りたい」

「目薬は怖いから、目の疲れを解消するサプリメントがほしい」

まぶたが重い、目が充血する、目が乾くといった眼球疲労に悩んでいませんか?

その原因は、スマホの使い過ぎかもしれません。

長時間、スマホの小さな画面を見続けていると眼の周りの筋肉が緊張して、筋肉や神経が疲労を起こしてしまいます。

また、スマホに夢中になりすぎると、まばたきの回数が減って目が乾き、目の痛みや充血、かゆみを感じる「ドライアイ」を引き起こすことも。

「スマホによる目のトラブル、何とかしたい…!」

そんな人にために、今回はスマホを長時間使っているときに感じる目の痛みや疲れを解消してくれる目薬、サプリを紹介します!

また、目薬、サプリの選び方や、目の痛みや疲れ目を防ぐスマホの使い方も解説するので、目のトラブルに悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

この記事はこんな方におすすめです!
  • スマホによる目の痛み・疲れ目に悩んでいる人
  • おすすめの目薬やサプリが知りたい人
  • 目薬やサプリの選び方が知りたい人

スポンサー広告



スマホによる目の痛み・疲れ目を解消してくれるおすすめの目薬&サプリメントを紹介

スマホの使い過ぎによる目の痛み、疲れ目におすすめの目薬とサプリメントをピックアップしてみました。

どんな症状のための商品なのか、配合されている主な成分などをチェックして、自分の症状に合ったものを選んでくださいね。
※この記事で紹介する目薬・サプリメントは必ず効果があるというわけではありません。

①ピント・モイスト5500

こちらのサプリメントにはアスタキサンチンがたっぷりと配合されています。

アスタキサンチンは正常なピントを維持する効果があり、スマホによる疲れ目や腰の疲労感を軽減してくれる効果があります。

そのアスタキサンチンが配合されたサプリメントの中で

  • 試してみたいサプリ
  • お客様満足度が高いサプリ
  • 信頼感があるサプリ

それぞれ3冠を達成している人気サプリメントです!

ピントが合いづらい、目が疲れている、目や肩が重いと感じる方には一度試してみてください!

もちろんアスタキサンチン以外にも目に良い11種類のビタミンも配合されています。

また初めてご購入の方には特別価格でお得に購入することが可能です!
初回に限り、市販のサプリメントと変わらない価格で購入できるので、まずはこのサプリメントを試されてみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら↓↓


配合している主な成分
  • アスタキサンチン 3750mg
  • 多穀麹®:300mg
  • 11種のビタミン 1500mg

etc…

②アサイベリープラチナアイ

目の疲れ、目に優しいサプリメントといえば「ブルーベリー」というイメージを持つ方も多いと思います!

そしてブルーベリーと比べてポリフェノールが約18倍含まれているのがアサイベリーです。

そのアサイベリーを使って作られたサプリメントが、このアサイベリープラチナアイです。

他にも

  • 目が見えるようになるとパイロットに定評があったビルベリー
  • ビタミンCがオレンジの3倍のカシス

なども含まれています。

さらに詳しい成分や効果に関しては公式サイトにて紹介されています!
目に疲れを感じる方はぜひこちらもご覧ください↓↓


③オパールアイα 10mL【第三類医薬品】

続いて紹介するのがスマホやPC作業などによる眼精疲労や充血に効く目薬です。

ネオスチグミンメチル硫酸塩・プシロンアミノカプロン酸・クロルフェニラミンマレイン酸塩・シアノコバラミンなど、調節機能改善や炎症・アレルギー改善が期待される成分を配合しています。

血管収縮成分は入っておらず、医療用と同じ成分を配合しているのも大きなポイント!

目の疲れや充血に悩んでいる人にはおすすめです。

効果…目の疲れ、結膜充血、眼病予防、眼炎、眼瞼炎、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかゆみ、目のかすみなど

Amazonでチェックする
楽天でチェックする

④NewマイティアCLビタクリアクール【第三類医薬品】

コンタクトを付けたが目の疲労の改善が期待できる目薬です。

目の新陳代謝を促進するビタミンB6、毛様体筋に作用して目のピント調節機能を改善するビタミンB12、毛様体筋に作用して目のピント調節機能を改善するネオスチグミンメチル硫酸塩などの成分を配合しています。

すっきり爽快なさし心地が特徴で、気分もリフレッシュできるでしょう。

効果…目の疲れ、コンタクトレンズを装着しているときの不快感、眼病予防、目のかすみ

購入はこちら

Amazonでチェックする
楽天でチェックする

⑤ロートV5粒

網膜に働きかけ、見る力の維持をサポートする素材を配合したサプリメントです。

見る力をサポートする成分とされるルテインを配合。

ルテインは特に、網膜への光ストレスを軽減させる成分として知られています。

また、ルテインのほか、同様に網膜へ働きかけるゼアキサンチンも配合しているのも大きなポイントです。

ゼアキサンチンとルテインはブロックする光の波長がそれぞれ異なるので、1粒に両方の成分を配合して、ブロックできる光の波長の範囲を広げているんだとか。

「見る力を維持したい」「目の健康を守りたい」という人にはおすすめです。

Amazonでチェックする
楽天でチェックする

⑥ブルーベリー×ルテイン+マルチビタミン

「品質」や「安全性」にこだわった、ブルーベリー配合のサプリメント。

「健康補助食品GMP」を取得した国内工場にて、原材料を無着色・保存料無添加にこだわって製造しています。

使用する原材料は、自社の厳しい規格や基準を満たすもののみを使用。

ブルーベリーにルテインのほか、ビタミン様物質を含む14種類のビタミンも配合しています。

配合しているビタミン
  • ビタミンA:夜間の視力の維持を助けるとともに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
  • ビタミンB1:炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
  • ビタミンB2:皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

etc…

健康的な毎日を送りたい人にはおすすめのサプリメントです。

また、サプリメントの摂取とあわせて、主食、主菜、副菜のバランスがとれた食事を心がけると、なお体の健康を維持できるでしょう。

Amazonでチェックする
楽天でチェックする

スマホによる目の痛み・疲れ目を解消してくれる目薬&サプリの選び方

目薬やサプリは、たくさんの種類があるので「どれを選べばいいかわからない」と悩んでしまいますよね。

迷ったときは、次の3つに注目して選んでみてください。

①症状に合わせた目薬・サプリを選ぶ

目薬・サプリを選ぶ際は、自分の症状に合っているかどうかをチェックしましょう。

「目の疲れに効く成分」「目の痛み・充血に効く成分」「目の潤いを補う成分」など、目薬やサプリによって、配合されている成分が異なります。

まずは自分がどんな症状に悩んでいて、どのように改善したいのかを決めてから、その症状に効く成分を配合した目薬を選びましょう。

②市販か病院か

目薬やサプリメントは、ドラッグストアやコンビニでも販売されています。

もちろん、市販薬薬には効果が期待できるものもありますが、人によっては「市販薬が目に合わない」という場合も。

症状が重い場合は、病院に相談して、診断後に目薬やサプリメントを処方してもらった方がいいかもしれません。

症状の度合いを踏まえたうえで、「市販か、病院で処方されたものか」を決めましょう。

③体に優しい目薬・サプリもおすすめ

ナチュラル志向の人や、強めの成分に抵抗がある人は、体に優しい目薬・サプリを選んでみましょう。

たとえば、目薬の場合は「防腐剤フリー」「血管収縮剤フリー」、なおかつできるだけ「涙」に近づけた商品が◎

サプリの場合は、自然由来のブルーベリーを使った商品がおすすめです。

簡単にできる!疲れ目を防ぐスマホの使い方

実は日々のちょっとした心がけで、疲れ目は防げるんです!

ここでは簡単にできる、疲れ目を防ぐスマホの使い方を解説します。

①スマホと目を離す

スマホは画面が小さいので、気付いたら至近距離で見ていた…なんてことはありませんか?

スマホを至近距離で見続けると、眼球の動きをコントロールする「外眼筋」が固まる「スマホ斜視」や「スマホ内斜視(寄り目)」を引き起こす可能性があるといわれています。

そのため、スマホを利用する際は、目から距離は30㎝以上画面を離すことが推奨されています。

②適度に休憩する

集中していると、まばたきの回数は減り、ドライアイを引き起こす可能性があります。

スマホを使用する際は、60〜90分ごとに10分程度の休憩を挟みましょう。

目薬を差したり、目の周りの筋肉をマッサージしたりすると、なお効果的です。

③姿勢や角度に気を付ける

目を見開きすぎたり、見上げたりする状態が続くと、目が疲れてしまいます。

スマホは顔よりも下に配置しましょう。

顔全体を下げるのではなく、目を薄く開けて見下ろすのがポイントです。

この姿勢なら、目に力が入りにくいので、リラックスして画面を見続けられるでしょう。

まとめ

今回は、スマホを長時間使っているときに感じる目の痛みや疲れを解消してくれる目薬、サプリを紹介しました。

  • ピント・モイスト5500
  • アサイベリープラチナアイ
  • オパールアイα 10mL【第三類医薬品】
  • NewマイティアCLビタクリアクール【第三類医薬品】
  • ロートV5粒
  • ブルーベリー×ルテイン+マルチビタミン

目薬やサプリにはたくさんの種類があるので、選ぶときは「症状に合っているか」「市販か病院か」「体に優しい成分が配合されているか」この3点に注目して、自分に合った商品を購入してくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「スマホで目が痛い!そんな疲れ目におすすめの目薬、サプリを紹介!」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTube動画の総再生数は1,500万回以上。 「スマホで生活を豊かにする」をミッションに情報を発信中! 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら