家計を助ける! おすすめの家計簿・チラシ・節約アプリをまとめて紹介
The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら

「毎月の食費や生活費を管理したいけど、いつも手書きの家計簿は続かない…」

「近所のスーパーの特売情報をゲットしたい!」

食費や生活費など、毎月の出費を管理したいものの「家計簿をつけるのをついつい忘れてしまう」とお悩みの人も多いはず。

節約のための生活費の管理は「継続」が何よりも大切です。

しかし、手書きやパソコンで家計簿をつける作業は、思っている以上に大変な作業…。

そこでおすすめしたいのが、スマホアプリの活用です。

スマホアプリを使えば、自動で収支を管理できるので、負担に感じることもなく継続できるでしょう。

今回は、スマホアプリを使って家計を節約したい人のために、おすすめのアプリをピックアップしてみました。

家計簿アプリのほか、スーパーの特売がチェックできるチラシアプリや、貯金が貯まりやすい節約アプリもまとめて解説します。

興味があるアプリはぜひ一度インストールしてみてくださいね!

この記事はこんな方におすすめです!
  • 毎月の食費や生活費を管理したい人
  • スーパーの特売情報を知りたい人
  • スマホアプリを活用して家計を節約したい人

スポンサー広告



おすすめの家計簿アプリ3選

まず初めに紹介するのがおすすめの家計簿アプリです。

家計簿をつけるのはなかなか大変ですが、これらのアプリを使うことで、簡単にアプリを使って家計簿をつけることができるんです!

今回はおすすめの家計簿アプリを3つピックアップしてみました。

  • マネーフォワード ME
  • 毎日の予算‪
  • レシピde冷蔵庫

レシートを自動で読み取ってくれる便利なアプリや、冷蔵庫の中身をリスト化してくれる画期的なアプリも紹介するので、日々の家計の管理に活用してみてくださいね。

①マネーフォワード ME

「マネーフォワード ME」は家計簿・資産管理アプリ利用率No.1を誇る、人気の家計簿アプリです。

レシートを撮影するだけで自動で家計簿を入力してくれるので、短時間で作業が完了します。

銀行やクレジットカードと連携すれば、毎月の利用額やポイント・マイルの残高なども管理できるのもポイントです。

そのほか「収支をグラフ化できる」「株や仮想通貨もまとめて管理できる」など、たくさんのメリットがあります。

家計全体や家族全員の収支を管理したい人に超おすすめのスマホアプリです。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

②毎日の予算‪

「毎日の予算」はドイツ発の家計簿アプリです。

「先月の出費額」ではなく「今月の予算」に注目する新感覚のアプリなので、今まで家計簿アプリが続かなかった人にもおすすめ!

収入、固定支出と貯金の目標を入力するだけで、「毎日の予算」が計算されます。

その後、お買い物いつ買った金額を入力すれば残りの予算が表示される…というシンプルで合理的なシステムも特徴です。

日々の出費を予算内に収めたい人にはぴったりのアプリでしょう。

「毎日の予算」

「毎日の予算」

C Ruttinger無料posted withアプリーチ

③レシピde冷蔵庫

「レシピde冷蔵庫」は冷蔵庫の中身をスマホで管理できるアプリです。

冷蔵庫の中身をリスト化してくれるので、買い物のときに「あの食材、あったっけ?」と確認したいときにも役立ちます。

賞味期限が把握できるほか、データを活用して簡単に買い物メモを作成できるのもおすすめポイントです。

食材リストの食材をタップすればレシピ検索ができるので、毎日の献立にも困りません。

レシピde冷蔵庫

レシピde冷蔵庫

HiramekiLab Inc.無料posted withアプリーチ

おすすめのチラシアプリ2選

スーパーの特売情報やチラシがチェックできるおすすめのチラシアプリを2つ紹介します。

  • チラシ見放題Shufoo!
  • トクバイ

イトーヨーカドーやSEIYUのほか、ドラッグストアや衣料品店などのチラシをチェックできるアプリも紹介するので、お得にお買い物をしたい人はぜひチェックしてみてください。

①チラシ見放題Shufoo!

累計1000万ダウンロード突破する「チラシ見放題Shufoo!」はスーパーの特売情報や、明日のチラシが前日にチェックできる人気チラシアプリです。

スーパーのほかドラッグストア、百貨店、家電量販店や衣料品店など、全国11万店以上のチラシやお得な情報を掲載しています。

【店舗例】

  • イトーヨーカドー
  • SEIYU
  • ダイエー
  • マルエツ
  • マツモトキヨシ
  • ニトリ
  • ヤマダ電機
  • GU

アプリを使うたびに、抽選で豪華賞品が当たる会員向けサービス「シュフーポイント」が貯まるので、家計がもっと豊かになりますよ。

セールやバーゲン、限定商品の情報も盛りだくさん!

スマホには絶対入れておきたいチラシアプリです!!

チラシ見放題Shufoo! 近くのお店のお得なチラシ

チラシ見放題Shufoo! 近くのお店のお得なチラシ

ONE COMPATH CO., LTD.無料posted withアプリーチ

②トクバイ

「トクバイ」はアプリ利用者の7割が「食費を節約できた」と実感している注目のチラシアプリです。

スーパーやドラッグストア、均一ショップ、クリーニングやコンビニなどを含む5万6000店舗以上のお得な情報を掲載しています。

アプリを開いたら、すぐにチラシを確認できる点や、初心者でもサクサク操作できる点もポイントです。

セールやバーゲンの情報以外にも、商品の産地や近隣店舗の参考価格、商品を使ったおすすめレシピなども掲載しているので、日々の献立にも役立ちます!

近くの店からクーポンが届くのもうれしいメリットです。

トクバイ

トクバイ

Locoguide Inc.無料posted withアプリーチ

おすすめの節約&貯金アプリ2選

貯金が貯まりやすい節約&貯金アプリを2つ解説します。

  • 超シンプル「貯金箱」
  • 貯金メモ

出費と貯金の記録はもちろん、目標貯金額の設定もできるので、お金を貯めたい人はぜひインストールしてみてください。

そのほか、公共料金をお得にそして手軽に支払いたい人は、こちらの動画もチェックしてみてください↓↓↓

①超シンプル「貯金箱」

「貯金箱」は紙幣・硬貨別に貯金額を管理できるアプリです。

目標貯金額の設定ができるほか、目標額への達成率も表示されるので、「あといくら節約すればいいのか」をしっかりと把握できます。

「目標」の項目では、「旅行」といった明確な目標も記入できるので、モチベーションもアップ!

何円札、何円玉が〇枚…といった、細かい集計も確認できます。

金額だけでなく、枚数やグラム数でも表示されるので、どんどん貯まっていくホクホク感も味わえるでしょう。

超シンプル「貯金箱」 - シンプルで簡単に使える  -

超シンプル「貯金箱」 – シンプルで簡単に使える –

masaya kato無料posted withアプリーチ

②貯金メモ

「貯金メモ」はワンタップで貯金を記録できるアプリです。

「目標貯金額まであといくら」が表示されるので、目標へ向かってコツコツと貯金できます。

貯金の目標額はもちろん、出費も記録できるので家計全体の管理もばっちり!

月単位、年単位のチャートがチェックできるので、お金の変動もわかりやすいでしょう。

また、カテゴリ別に「何に対して何円を使っているのか」も手軽に確認できるので、出費の偏りもすぐに把握できます。

80種類以上の項目はアイコンつきで登録できます。

登録後はワンタップで記録できるので、入力する手間が省けますよ。

貯金メモ 毎日使えるシンプルなアプリ

貯金メモ 毎日使えるシンプルなアプリ

Kaoru Matarai無料posted withアプリーチ

まとめ

今回は、おすすめの家計簿・チラシ・節約アプリを紹介しました。

  • マネーフォワード ME
  • 毎日の予算‪
  • レシピde冷蔵庫
  • チラシ見放題Shufoo!
  • トクバイ
  • 超シンプル「貯金箱」
  • 貯金メモ

レシートを自動で読み取って家計簿をつけてくれるアプリや、収支をグラフ化してくれるアプリもあるので、手書きやパソコンで家計簿をつけるよりも、手軽に収支を管理できます。

今回紹介したアプリをインストールして、ぜひ家計の節約に役立ててみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上「家計を助ける! おすすめの家計簿・チラシ・節約アプリをまとめて紹介」でした。

スポンサー広告



The following two tabs change content below.
スマホや様々なアプリに関する使い方・便利機能をYouTubeやサイトで発信中! YouTubeの動画の総再生数は8,000,000回以上。 これからも多くの方のお役に立てるように情報を発信していきます。 運営者の詳細はこちら YouTubeチャンネルはこちら